草創期、公共建物は、海外に於て基幹企業の社宅用に住宅を建設し、同時にこの住宅の賃貸・管理業務を始めました。以後不動産全般にわたるノウハウを積み重ね、昭和20年代には官公庁用地の有効活用の新しい構想を提案。電電公社と公共建物がひとつのビルを所有する、“区分所有”という新しいスタイルのビル活用のあり方を具現化しました。以後、今日まで、時代をリードする数多くのビルやマンション、住宅の建設を手がけてまいりました。そして、21世紀を迎え大規模な都市空間の開発など、総合不動産業として大きくその領域を広げつつあります。

 
昭和10年2月 康徳興業株式会社を不動産の賃貸並びに売買を目的として、東京市京橋区(現 東京都中央区京橋)に創立。資本金600万円 創立者 山下太郎
昭和20年11月 商号を太平興業株式会社に変更。その後2回増資を重ね、昭和35年10月に1億円に増資。
昭和28年4月 太平興業株式会社の関連会社 公共建物株式会社を建物の建設・賃貸・売買・管理を目的として同所に設立。資本金3億円。
昭和29年12月 公共建物株式会社は「三宮電電ビルディング」を建設、オフィスビル賃貸事業開始。
昭和45年7月 公共建物株式会社と太平興業株式会社が合併し、商号を公共建物株式会社とする。資本金3億7,900万円。
昭和63年3月 「ル モンド西宮」を建設、賃貸マンション事業開始。
平成4年2月 「千代田電電ビルディング」を取毀し、「大手町ファーストスクエア(ウエストタワー)」を建設、賃貸開始。
平成8年7月 「ル モンド府中」を建設、分譲マンション事業開始。
平成8年9月 「ル モンド五香」を建設、分譲戸建事業開始。
平成15年6月 霞が関R7プロジェクト(PFI事業)に参画。
平成19年9月 「霞が関コモンゲート」(霞が関R7プロジェクト)竣工、賃貸開始。